HOME »  地域包括ケア病棟 開設のお知らせ

地域包括ケア病棟 開設のお知らせ

地域包括ケア病棟の開設について

八王子山王病院では、地域医療への更なる貢献を目指し、令和3年4月より『地域包括ケア病棟』を開設いたしました。

 

 

地域包括ケア病棟とは?

「地域包括ケア病棟」とは、急性期治療後すぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者さん等に対して、自宅や介護施設への復帰に向けて医療や支援を行うことを目的とした病棟です。

在宅復帰をスムーズに行うために「在宅復帰支援計画」に基づいて、主治医、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー等が協力して、経過観察やリハビリテーション、医療・介護サービスの調整などの在宅復帰支援を行っていきます。

 

対象となる患者さんについて

地域包括ケア病棟は、在宅復帰を前提とした入院病棟です。当院では、具体的に以下のような方が入院対象となります。

  • 入院治療(急性期治療)で症状は改善したものの、もう少し入院での経過観察が必要な方
  • 在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方
  • ご自宅での生活のために介護サービスや訪問診療や訪問看護などの訪問医療サービスの調整が必要な方
  • 施設やご自宅で療養されている方で軽微な症状で入院治療が必要となった方
  • レスパイト入院

 

<レスパイト入院とは>

訪問診療などを受け、ご自宅で療養されている患者さんが、ご家族の事情などで一時的に在宅療養が困難となる場合に短期間入院することをレスパイト入院と言います。
ご家族の事情を含め、あらかじめ期間を決定してご入院となります。

レスパイト入院の詳細については、こちらをご確認ください。

 

地域包括ケア病棟の入院期間について

地域包括ケア病棟でのご入院期間は、最大で60日間を上限としています。

実際には、主治医との相談の上総合的に判断し、患者さんの状態および在宅サービスが整い次第退院となります。

 

地域医療における当院の機能と役割について ~地域に合った病院の役割~

八王子山王病院は、地域医療において下図のような役割を担っております。

 

houkatu.png

 

 

 

在宅医療の拡充 ~八王子山王病院の4つの訪問サービス~

八王子山王病院では、病状などによって通院が困難となった方へ、『訪問診療』・『訪問看護』・『訪問リハビリテーション』・『訪問栄養食事指導』の4つの訪問サービスを実施しております。

訪問サービスの対象となるかについては病院での判定が必要となりますので、ご希望の方は主治医までご相談ください。

 

 

 

 

レスパイト入院について

訪問診療などを受け、ご自宅で療養されている患者さんが、ご家族の事情などで一時的に在宅療養が困難となる場合に短期間入院することを、「レスパイト入院」と言います。
 

レスパイト入院の対象となる方
  • 在宅で療養中の方
  • 介護保険によるショートステイの利用が困難な方(医療的管理が必要な方)
  • 本人および家族がレスパイト入院を希望しており、在宅医による情報提供ができる方

 

ご留意いただく点
  • レスパイト入院の受け入れ期間は2週間以内(14日以内)です。
  • 入院する日は、月曜から金曜の午前となります。
  • 退院時は、原則として入院前の自宅または施設にお帰りいただきます。
  • 各種検査やリハビリについては、必要に応じて実施する場合があります。
  • 症状が急変し治療が必要になった場合には、専門医のいる病院に転院となる場合があります。
  • 他の患者さんにご迷惑となるような行為や危険行動等があった場合、入院継続が困難になる場合があります。

 

ご面会・お見舞いについてはこちらをご確認ください。

 

お申し込み方法

地域医療課まで、お電話にてお申し込みください。(Tel. 042-626-1144)

その後、下記の必要書類をFAXにてお送りいただきます。

 

<必要書類>

  • 在宅医、かかりつけ医からの『診療情報提供書』
  • レスパイト連絡票(ADL表)pdficon_small.jpg
    ※PDF形式のファイルをご覧いただく場合にはAdobe Acrobat Readerが必要です。

  お持ちでない方は、こちら(アドビシステムズ社のダウンロードページ)よりダウンロードしてください。

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

診療受付のご案内

外来担当医表

電話番号 042-626-1144

ページトップへ