HOME »  医療関係者の方へ  »  患者様をご紹介くださる先生へ  »  バスキュラーアクセス  »  バスキュラーアクセス

医療関係者の方へ

バスキュラーアクセス

バスキュラーアクセス ・ バスキュラーアクセストラブルについて

バスキュラーアクセスについて

血液浄化の治療には、『バスキュラーアクセス』という血液の出入り口が必要となります。

バスキュラーアクセスには、以下のような方法があります。

 

  • シャント

動脈と静脈をつなぎ合わせて、血液量が豊富な太い血管をつくる手術を行います。

動脈の血液を静脈に流すことで、静脈の血管を発達・太くさせます。それにより血流量が確保され人工透析が行いやすくなります。

透析患者さんの95%がこの方法で透析をしています。

 

  • 動脈表在化

腕の深いところにある動脈を皮膚のすぐ下に持ち上げます。

シャント手術が困難な場合や、心臓の機能が悪い方に適応となります。

 

  • 人工血管

シャント手術や動脈の表在化が出来ない場合に適応となります。

手術直後から使用が可能ですが、人工物を身体の中に入れるため、感染を起こす可能性があるなどのデメリットがあります。

vascuiar02.png

 

  • 長期留置カテーテル

シャントや人工血管を作れない方に入れる管(カテーテル)です。

透析のたびに針を刺さなくて済むという利点はありますが、常に身体から管が出ている状態となるため、注意が必要です。

vascuiar.png

 

 

バスキュラーアクセストラブルについて

シャントに使用した静脈は、過剰な血流や、日々の透析での穿刺・止血の繰り返しにより、次第に狭くなって(狭窄)いきます。血管狭窄は、シャントの閉塞や脱血不良などを引き起こし、血液透析の継続が難しくなります。

 

血管の狭窄部に対する治療として、『PTA(経皮的血管拡張術)』があります。PTAとは、血管内の狭窄部にバルーンカテーテル(カテーテルの先端に小さな風船がついたもの)を挿入し、そこで膨らませることによって、血管を拡張させる方法です。

なお、シャント静脈が閉塞し血流が停止してしまうと、PTAでの治療は難しく、外科手術での血栓除去や血管形成、シャントの再作成が必要となります。

 

 

外来診療について ・ お問い合わせ

小島糾医師(内科)、小島亜希医師(内科)、横山医師(外科)の外来担当日に受診し、ご相談ください。

外来担当日は下記の通りです。

 

 
午前

小島

(糾)

小島

(糾)

午後

小島

(糾)

小島

(亜)

横山

 

 

≪受付時間≫

午前 【初診】8:00~12:00 【再診】8:00~12:30

午後 13:00~16:45

 

≪診療時間≫

午前 9:00~

午後 14:00~

 

 

医療関係者の方へ

診療受付のご案内

外来担当医表

電話番号 042-626-1144

ページトップへ