HOME »  令和元年度 八王子山王病院 病院指標

令和元年度 八王子山王病院 病院指標

各項目に関する集計条件および集計方法は、厚生労働省の指示のもと行われております。

 

DPCコーディングデータを使用し、下記の項目を算出いたしました。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計対象

  • 平成31年4月~令和2年3月退院患者様であり、一般病棟に1回以上入院した患者様
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者様又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外
  • 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成30年厚生労働省告示第68号)』に規定)は集計対象外
  • 医科レセプトのみもしくは歯科レセプトありの患者様

※患者数10未満の場合は『-』(ハイフン)

 

1)年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢階級別退院患者数は、令和元年度に退院した患者様の年齢を10歳刻みごとに集計した患者数です。

年齢区分 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90
患者数 - - 22 11 24 41 161 387 437 179
≪解説コメント≫
令和元年度の全退院患者数は1,269人でした。そのうち60歳以上の患者様は全体の約91%を占めております。
高齢化が進む八王子市において、当院は急性期・慢性期の幅広い患者様の受け入れを目指し日々地域医療に取り組んでいます。
※患者数10未満の場合は『-』(ハイフン)で表示しています。
2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

診断群分類別患者数等は、各診療科が多く取り扱っている疾患について上位5位までの患者数、平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。
平均在院日数は自院と全国を比較することで効率的に診療を行っているかを評価することができます。
転院率は各疾患ごとの全退院数における他病院への転院患者数割合を示しています。

<内科>

No. DPCコード DPC名称 症例数 平均在院日数 転院率

平均

年齢

患者用

パス

自院 全国
1 130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 91 4.47 15.22 0.00% 81.18  
2 040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 46 39.15 20.84 8.70% 85.24  
3 130080xx97x00x 再生不良性貧血 35 1.34 11.53 0.00% 80.00  
4 130090xx97x0xx 貧血(その他) 20 8.80 10.49 0.00% 89.00  
5 050130xx99000x 心不全 19 38.47 17.71 5.26% 87.05  
≪解説コメント≫
内科の症例数第1位は、副院長の専門である血液の疾患で、骨髄異形成症候群です。
骨髄異形成症候群はあらゆる年齢層に認められますが、主に中・高齢者に多い疾患とされています。高齢化の影響もあり、発症数は次第に増加傾向にあるといわれており、当院でも入院される患者様が増えています。
症例数第2位は、肺炎(誤嚥性肺炎)です。
症例数第3位は、再生不良性貧血です。
指標1で示しました通り高齢者の入院が多い当院では、再生不良性貧血や誤嚥性肺炎で入院される高齢の患者様が多いのも特徴の1つです。
※集計対象が「一般病棟に1回以上入院した患者様。」となっております。
当院は、“障害者施設等入院基本料”を算定している病棟があるため、一般病棟から転床した患者様も含めた日数で集計されております。それにより平均在院日数が長くなっている症例がございます。
<外科>

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
転院率

平均

年齢

患者用

パス

自院 全国
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 21 1.05 4.36 4.35% 69.19  
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 11 4.73 4.85 0.00% 72.18  
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍_アービタックス等 10 2.60 4.74 0.00% 63.00  
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍_アバスチン等 - - 4.40 - -  
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍_処置なし - - 7.46 - -  
≪解説コメント≫
外科の症例数第1位、第3位、第4位、第5位は、悪性腫瘍(直腸癌、結腸癌)についての化学療法や内視鏡検査等の症例です。
症例数第2位は鼠径ヘルニアです。当院では手術による治療を行っています。
大学病院との病院連携が図られており、急性期治療を終えられた患者様の受け入れを行っております。また、平均在院日数が全国の平均値より短いのが特徴の1つです。
3)初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発の5大癌のUICC病期分類ならびに再発の実患者数を示しています。
「初発」とは、自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指しています。
「再発」とは、自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者を診療した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指しています。
StageⅠが進行度が低く、StageⅣが最も進行した病気を表します。

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
I II III IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 8
大腸癌 - - 14 13 - 51 1 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 -
肝癌 - - - - - - 1 -

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

≪解説コメント≫
当院では、悪性腫瘍(癌)の診断・治療(手術/化学療法)を目的とした患者様の入院も受け入れております。
当院にて対応困難な症例については、適宜、大学病院や希望される専門施設へ紹介を行っております。
※患者数10未満の場合は『-』(ハイフン)で表示しています。
4)成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名に対するICD10コード(※1)がJ13~J18で始まるものに限定し、成人(20歳以上)の市中肺炎(※2)の患者様について重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
重症度は、成人市中肺炎(※2)診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システム(A-DROP)(※3)により分類しています。

  1. ICD10(疾病および関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類です。(引用元:厚生労働省HP 疾病、傷害及び死因の統計分類)
  2. 市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です。肺結核、院内肺炎、日和見肺炎、閉塞性肺炎、嚥下性肺炎、慢性下気道感染症の急性増悪などを充分に識別する必要があります。
  3. 重症度分類システム(A-DROP)

   ①男性70歳以上、女性75歳以上
   ②BUN21以上または脱水あり
   ③SpO2(酸素飽和度)90%以下
   ④意識障害(肺炎に由来する)
   ⑤血圧(収縮期)90mmHg以下
  上記5点満点(1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点…)

  • 軽症=0点の場合
  • 中等度=1~2点の場合
  • 重度=3点の場合
  • 超重度=4~5点の場合(ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症度とする)
  • 不明=重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 19 17.05 61.58
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
≪解説コメント≫
呼吸器疾患は院長の専門分野です。
肺炎は重症化する危険性が高く、抗生剤を使用した治療を行います。また重症度に比例し入院日数も長くなる傾向にあります。退院後に安心して日常生活を送れるように、入院中は理学療法(運動器や呼吸器療法等)を行っております。その他に、食欲低下から嚥下障害を生じる事も多く、栄養サポートチーム(NST)による回診も行っております。
※患者数10未満の場合は『-』(ハイフン)で表示しています。
5)脳梗塞のICD10(※1)別患者数ファイルをダウンロード

脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示したものです。
また、それぞれ発症から3日以内の入院とその他に分けて集計しています。
転院率は病型ごとの全退院数における他病院への転院患者割合を示しています。

  1. ICD10(疾病および関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類です。(引用元:厚生労働省HP 疾病、傷害及び死因の統計分類)
発症日から
入院までの期間
患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
≪解説コメント≫
当院では、脳梗塞の急性期の治療を行っております。
脳梗塞が起こり、脳細胞が徐々に壊死すると、その周囲からは有害なフリーラジカル(活性酸素)という物質が発生します。そのフリーラジカルは、まだ壊死していない回復可能な領域である「ペナンブラ」を破壊します。そこで、フリーラジカルの働きを抑え、脳の障害を防ぐエダラボンという薬を使う『脳保護療法』が行われます。発症後に素早く対応することにより患者様のQOL(生活の質)の向上に努めております。
※患者数10未満の場合は『-』(ハイフン)で表示しています。
6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

診療科別主要手術上位5位の患者数、術前および術後の平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。
転院率は術式ごとの全退院数における他病院への転院患者割合を示しています。

<内科>
  Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率

平均

年齢

患者用

パス

1 K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径 2cm未満) 34 1.65 2.41 0.00% 77.82  
2 K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 31 140.03 87.13 19.35% 84.39  
3 K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 22 1.05 20.00 4.55% 70.55  
4 K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
5 K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -  
≪解説コメント≫
①… ポリープに金属の輪を掛けて締め、高周波の電流を流して焼き切る手術です。
②… 長期的・継続的に点滴を行う方、高カロリー栄養剤を使用される方を対象に行われます。
③… 利尿剤投与などの保存的療法でコントロールできない難治性腹水に対し、腹腔穿刺によって採取した腹水を濾過濃縮し、再静注する手術です。
④… 出血している消化管の部位を内視鏡で確認し、電気メスや止血用クリップ、止血用輪ゴムなどにより出血を止める手術です。
⑤… 口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方に、直接、胃に栄養を入れるための入り口を造る手術です。
※患者数10未満の場合は『-』(ハイフン)で表示しています。
<外科>
  Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢

患者用

パス

1 K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頚部その他) 10 34.50 74.00 20.00% 77.90  
2 K6335 鼠経ヘルニア手術 - - - - -  
3 K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -  
4 K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径 2cm未満) - - - - -  
5 K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -  
≪解説コメント≫
①… 長期的・継続的に点滴を行う方、高カロリー栄養剤を使用される方を対象に行われます。
②… 成人の鼠径ヘルニアは自然に治ることはなく、薬で治療することもできません。手術は穴をふさぎ、弱くなったところを補強する手術です。
③… 開腹手術と異なり、腹腔鏡をお腹に入れお腹の中を映します。その像をテレビモニターで観察し、別の穴から入れた手術器具を医師が操作して胆のうを摘出します。腹腔鏡手術は傷跡が目立ちにくい等の長所があります。
④… ポリープに金属の輪を掛けて締め、高周波の電流を流して焼き切る手術です。
⑤… 口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方に、直接、胃に栄養を入れるための入り口を造る手術です。
※患者数10未満の場合は『-』(ハイフン)で表示しています。
7)その他(DIC(※1)、敗血症(※2)、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、この表に示す4つの傷病名について、入院契機となった傷病名の同一性の有無を区分して患者数と発生率を示しています。これらの傷病名が全くないとすれば重症な症例を扱っている医療機関としては不自然であり、多すぎることも問題となります。入院契機が異なるものは入院中に基礎となる疾患が重症化したと考えられます。
発症率は平成31年4月~令和2年3月の全退院患者に対する発症割合を示しています。

  1. 播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、さまざまな理由によって血管内で血液凝固系が活性化され、全身的に血管内で血液が凝固し、細小血管に多数の微小血栓(けっせん)を生じる病態のことです。(引用元:病気事典〔家庭の医学〕)
  2. 敗血症とは、肺炎や腎盂腎炎(じんうじんえん)など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。背景として悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病(こうげんびょう)といった基礎疾患がある場合、あるいは未熟児、高齢者、手術後といった状態である場合が多いとされています。(引用元:病気事典〔家庭の医学〕)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群(DIC) 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
≪解説コメント≫
高齢者の呼吸器疾患(肺炎等)は、重症化する事が多く、その加療中に発生する合併症の早期発見に努めています。
また当院では手術や処置の際に起こりうる合併症について、事前に十分に説明を行い、発症が最小限になるよう努めています。
※患者数10未満の場合は『-』(ハイフン)で表示しています。
更新履歴
2020/09/25
令和元年度 病院指標を公開しました。

診療受付のご案内

外来担当医表

電話番号 042-626-1144

ページトップへ